処方食を食べているワンちゃんは?

処方食を食べているワンちゃんにウォーターサーバーは?

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

「病院から出された処方食を食べているワンちゃんに飲ませるお水として、ウォーターサーバーのお水は良いのでしょうか?」との質問に対するご回答と、理由を記載しますので、参考にして下さい。

 

ウォーターサーバーのお水は問題ありません

動物病院に来院される飼い主様から、「うちの子は病院で出される処方食を食べているけど、お水はウォーターサーバーのものを使っちゃダメと聞きました。本当ですか?」という質問をよくいただきます。

 

結論から申し上げますと、個人的には「軟水であれば問題ない」とお答えしています。

 

処方食ってなに?

ワンちゃんの処方食とは、肝臓疾患用や腎臓疾患、あるいはアレルギー性皮膚炎や胃腸炎など、特定の病気に特化したドックフードで、それぞれの病気に合わせた原材料が使われていたり、栄養組成が考えられていたりします。

 

中でも尿路結石(膀胱結石や尿道結石)専用の処方食に関しては、ウォーターサーバーのお水ではなく、水道水を使うことが勧められています。

 

それが、多くの飼い主様が「処方食を食べていると、犬にウォーターサーバーのお水は使えない」と考えてしまっている原因のようです。

 

尿路結石とミネラルとお水の関係

ではなぜ、尿路結石専用の処方食のときは、水道水が勧められているのでしょう?

 

ワンちゃんの尿路結石は、その原因の一つにドックフードやお水から摂取するカルシウムやマグネシウムなど、ミネラルのバランスが崩れてしまっていることがあります。

 

つまり、カルシウムやマグネシウムの摂取量によって尿路結石が作られてしまうのです。そのため、処方食ではそのミネラルバランスを厳密に設計しており、それにより尿路結石の形成を予防することができるのです。

 

しかし、せっかく処方食で厳密なミネラルバランスを摂取していても、おやつやお水からのミネラルが体に入ってしまうと、処方食の効果はまったく無くなってしまいます。

 

そのため、尿路結石の処方食では、おやつやお水の管理も厳密に行う必要があり、特にお水は品質が一定な水道水を使うことが勧められているのです。

 

つまり、処方食のミネラルバランスを崩さないよう、いろんな品質のあるお水よりも、水道水を使うことが推奨されているのです。

 

ですので、ウォーターサーバーのお水でも、ミネラル豊富な硬水はやはりワンちゃんには避けたいところです。

 

ウォーターサーバーのお水でも問題ない理由

では軟水のお水はどうでしょう?

 

もちろんカルシウムやマグネシウムの量が多いものは避けるべきですが、実はカルシウムやマグネシウムの含有量って、水道水でもそこそこばらつきがあります。

 

私が知る範囲では、多くの軟水のウォーターサーバーのお水とあまり差がないと考えています。

 

日本の水道水の硬度は40〜60mg/lですが、一般に販売されている軟水のミネラルウォーターの硬度も同じレベルになっています。

 

また、逆にウォーターサーバーのお水には尿路結石予防に有利なケースもあります。

 

それは、ウォーターサーバーのお水に変えることでワンちゃんがたくさんお水を飲むようになることです。

 

もちろん、すべてのワンちゃんがそうではありませんが、尿路結石の予防において、しっかりとお水を飲んで、しっかりとおしっこをさせることも大変重要です。

 

処方食の中には、お水をたくさん飲ませあるため、わざとしょっぱめに作られているものもあるくらいですから。

 

ですから、個人的には、ウォーターサーバーのお水にすることでたくさんお水を飲むようになるということは、五十歩百歩のミネラルバランスを気にすることよりも重要なことだと考えます。

 

以上の観点から、処方食を食べているワンちゃんでも、軟水のウォーターサーバーのお水の摂取は問題ないものと考えています。

 

もちろん、尿路結石の場合は、定期的な尿検査でのチェックが重要ですので、そこは欠かさず実施してあげてください。

 

>>犬におすすめのウォーターサーバーはこちらをご参照ください

 

食事療法中のワンちゃんはドッグフードとおやつにも気を付けましょう

食事療法中のワンちゃんは獣医師が厳密に必要な栄養素を計算しています。

 

そのため、インターネットやペットショップで販売しているおやつをあげる時は事前に動物病院に相談して下さい。

 

ワンちゃんのストレス解消のためにも、一定量のおやつをあげることはおすすめです。

 

しかし、どのようなおやつ・ドッグフードが適しているか迷ったときには、下記のサイトのおやつ・ドッグフードを検討して見て下さい。

 

無添加でワンちゃんの健康を阻害する添加物を一切使用していないだけでなく、品質管理もしっかり行っています。

 

残念ながらドッグフードには明確な規制がないため、添加物が大量に含まれていたり、温度管理が不十分なものが多くあります。

 

【アランズナチュラルドッグフード】は健康なワンちゃんであれば問題なく与えても大丈夫ですし、食事療法中のワンちゃんのおやつにも適しています。

 

>>アランズナチュラルドッグフードはこちら!

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top