犬には水道水・ミネラルウォーターどちらが良いか

ドッグフードの専門家が水道水を勧める理由

ドッグフードは、手軽に優れた栄養バランスで食事ができる非常に便利なものです。

 

しかし保存性を高めるため、水分を極限にまで減らしていますので、犬が食べるときには、そのまま与えるのではなく、十分な水分が必要になります。

 

専門家はミネラルウォーターよりも水道水

柴犬

 

では、そのときに与えるお水はどのようなものが良いのでしょうか?

 

ほとんどの獣医師やドッグフードを研究している栄養学のプロの方は、「水道水」を勧めています。

 

ではなぜ他のミネラルウォーターではなく水道水なのでしょうか?

 

それは衛生上の問題とミネラルの問題があるからです。

 

水道水は品質管理が重要視されており、特に感染症を起こすような細菌などの微生物の管理は何よりも厳重に行われています。

 

ですので人間と違って、置き水がほとんどの犬の場合、その衛生管理の点から、水道水が進められているのです。

 

また、ミネラルウォーターの中には「硬水」と呼ばれるミネラルがたくさん含まれたお水があるのですが、犬の場合、そういった硬水が「尿路結石症」などの病気のリスクを高めると考えられているため、ミネラルウォーターよりも水道水を使うことが推奨されているのです。

 

本当に水道水の品質は一定なのか?

前述のように、ミネラルウォーターは、そのミネラル成分の問題で、専門家は犬にはお勧めしていません。

 

では水道水のミネラル成分はどうなっているのでしょうか?

 

実は各自治体のホームページには、水道水の水質検査結果を掲載しているところもあり、そこで水道水のミネラル成分を知ることができます。

 

それらを見てみると、水道水にも当然ミネラル成分は含まれており、「硬水」ほどではありませんが、よりミネラル成分の少ない「軟水」と変わらないレベルでミネラル成分が含まれているのです。

 

また、ミネラルバランスは各自治体の水道水で異なっており、要はミネラル成分の視点で見れば、ミネラルウォーターが一概にまずいのではなく、「軟水」であれば何の問題もないのです。

 

 

また、水道水の微生物管理は、殺菌作用が強力な「塩素」によって行われています。

 

もちろん塩素は微生物だけでなく犬や人間にとっても有害なのですが、水道水に関しては、「人間」にとっては問題のないレベルに抑えられていると言われています。

 

しかし、その一方で金魚に水道水は非常に危険なように、他の生物にとっての水道水の安全性は不明です。

 

一方、ミネラルウォーターは、自然の中から採取されたものをフィルターを通して濾過しているだけで、余計な手を一切加えておらず、非常にナチュラルな水です。
つまり犬が何十万年と存在してきた中で常に摂取してきたものそのものですので、長期での安全性という面では一切問題がないと言えます。

 

犬にはなるべくナチュラルな水を

水道水は、感染症の視点から見れば非常に優れたものではあります。

 

しかし、犬にとって全ての安全基準がクリアされているかというと、まだまだ不明な点もあります。

 

一方、ミネラルウォーターは、軟水を選んであげることで、さらにはこまめにお水を取り替え、衛生管理をしてあげることで、犬に一切負担なく使ってあげることができます。

 

専門家の意見は非常に大切ではありますが、時にリスクを考えすぎて、メリットを隠してしまうこともあります。

 

犬にとって本当の健康を維持するためには、そのメリットとデメリットをあなた自身で考え、より自分の犬にあったものを選択してあげてください。

 

>>犬におすすめのウォーターサーバーはこちらをご参照ください

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top