犬,フィラリア

恐ろしいフィラリア症から、もっと確実に犬を守るために

フィラリア症は蚊が媒介する寄生虫感染症の一つで、蚊から犬の体内に侵入したフィラリアが、様々な症状を引き起こす病気です。

 

フィラリア症は進行すると、犬の命を落とす危険もある病気ですが、今ではほぼ100%予防できる病気です。

 

しかし、一見きちんと予防しているように見えても、中には感染してしまうケースもあります。そこで、フィラリア予防について解説し、その中のポイントを知っていただくことで、真に正しい予防を実施していただければと思います。

フィラリア予防のメカニズム

フィラリア予防薬は大きく分けて、1ヶ月に1回投与するタイプと、1年に1回注射するタイプがあります。

 

また、投与方法によって飲み薬タイプ、滴下タイプ、注射タイプに分けられます。

 

それらのいずれも有効成分のメカニズムはほぼ同じで、犬の体内で成長するフィラリアのある特定の時期に作用することで、予防効果を発揮します。

 

蚊から犬の体内に侵入したフィラリアはまだ幼虫の状態で、数ヶ月かけて成虫に成長します。

 

実はフィラリア予防薬は、成虫には効果を発揮しません。

 

体内に侵入した幼虫の中で、およそ1ヶ月経過した幼虫に駆虫効果を発揮します。

 

つまり、フィラリア予防薬は、フィラリアの感染自体を予防するのではなく、体内に感染したフィラリア幼虫を駆虫することで、予防効果を発揮するものです。厳密には予防ではなくて定期的な駆虫ということになります。

 

また、1ヶ月に1回タイプの予防薬は、1ヶ月間、お薬が効果を発揮するのではなく、薬効自体はおよそ24時間でなくなります。

 

その代わり、1ヶ月1回、確実に投与することで、フィラリア幼虫に対する駆虫効果を維持させることができます。

 

ちなみに注射タイプは、薬剤の特殊加工により、体内に注入された薬剤が、約1年間、持続的に薬効を示すように作られています。

 

フィラリア予防薬の安全性

フィラリア予防薬は、フィラリア予防以外にも、承認外治療にはなりますが、毛包虫症(アカラス)などの治療にも用いられます。

 

その時のお薬の用量はなんとフィラリア予防の50倍から100倍にもなります。

 

もちろんそれだけリスクのある治療にはなりますが、それでも副作用が見られる割合はそんなに多くありません(コリーなど特定の犬種は異なります)。

 

それを逆に考えると、フィラリア予防で用いられるお薬の量は、他の治療に用いられるお薬の50分の1から100分の1になります。

 

つまりお薬の量としては、フィラリア予防で用いられるお薬は非常にわずかな量なので、そこまで副作用が問題になることはありません。

 

また、1ヶ月に1回投与するタイプは、お薬があ1ヶ月間持続的に効果を発揮するわけではなく、お薬自体は約24時間で体から排泄されます。

 

ですので、体に蓄積し続けることもありませんので、あまり心配は必要ありません。

 

現実的には、フィラリア予防薬のリスクよりも、フィラリア症に感染するリスクの方がはるかに高いと言えます。

 

フィラリアの予防期間について

ほとんどの地域では、フィラリア予防は春から秋にかけて実施されています。

 

沖縄のような温暖な地域で、年中蚊の発生が見られる地域では、冬でも予防を実施しています。

 

基本的にフィラリア予防の期間は、蚊が発生する期間+1ヶ月となります。

 

+1ヶ月というのは、フィラリア予防薬が、犬の体内に侵入して1ヶ月経った時点での幼虫に効果を発揮するためです。

 

つまり、蚊に刺されて感染したばかりの状態では、予防薬は効き目がなく、そのため、蚊がいなくなってからさらに1ヶ月後に投与する必要があるのです。

 

ところで、「蚊が発生する期間」というのはいつのことなのでしょうか?

 

蚊は気温の高低によって発生すると考えられており、年によって平均気温は変動するため、毎年の発生期間は異なります。

 

そこで、フィラリア予防期間を定めるために、Heartwarm Development heat Unit (HDU)という数値を算出して、毎年の蚊の発生期間を予測しています。

 

しかし、このHDU、犬のフィラリア予防期間を設定するために、日本では広く用いられている数値なのですが、近年では、実際の蚊の発生時期とHDUにより算出した時期とに多少なりともズレがあることがわかっています。

 

確実にフィラリアを予防するために

毎年、「毎月、きちんとフィラリア予防薬を飲ませているのに、フィラリアに感染してしまった」というケースが僅かながら発生します。

 

その原因として、飲ませたつもりが、犬がこっそり吐き出していたなど、正しく投薬できていなかったことが考えられていますが、もしかしたら、HDUによる予防期間が実際に必要な予防期間とズレているために、感染してしまった可能性も否定できません。

 

ちなみに、フィラリア予防薬は、正しく投与された場合、その予防効果は100%です。

 

ですので今のところ、「フィラリアが薬に対して耐性を持っている」可能性はまずありません。

 

このような状況の中で、より確実にフィラリア予防を行うためには、予防期間に関係なく、12ヶ月間予防を継続する「通年投与」を考えてみてはいかがでしょうか。

 

前述のとおり、フィラリア予防薬は体に蓄積するわけではありませんし、さらには沖縄地方のように既に通年投与している地域で、薬の有害事象の報告が多いわけでもありません。

 

あなたの大切なパートナーである愛犬をより確実に守るために、今一度、フィラリア予防のことを見直して、より確実に予防できる方法を取り入れていただければと思います。

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top