犬の膀胱炎|こんな時は膀胱炎に注意!

犬の膀胱炎|症状と対処法について

膀胱炎は、犬の病気の中でもしばしば見かける重要な病気です。しかし、中には発見が遅れて重症化してしまうケースもあります。

 

そこで今回は膀胱炎を見逃さないように、膀胱炎についての正しい知識を解説させていただき、さらには膀胱炎の予防にも役立つ日常生活の知恵をお届けさせていただきます。

こんな時は犬の膀胱炎に注意

犬の膀胱炎の主な症状は、

  • 頻尿
  • 血尿
  • 有痛性排尿

です。

 

頻尿

頻尿とはその名のとおり、排尿回数が増えることなのですが、膀胱炎での頻尿は非常に顕著で、排尿したばかりなのに、またすぐトイレに入って排尿姿勢をとるようになります。

 

もちろん、排尿したばかりなので、実際に尿が出るのはほんのわずか、ペットシーツなどに数滴つく程度です。

 

これは膀胱炎になると残尿感が強く出るため、排尿した後もなんどもトイレに入ってしまうと考えられています。

 

血尿

血尿も名前のとおりで、尿に血が混ざる状態のことを言います。血尿は大きく分けて2つのタイプがあります。

 

一つは尿全体が赤みがかったような血尿で、赤みの程度は様々です。ですので、軽い血尿だと見た目にはわかりにくいことがあります。

 

もう一つは尿の中に血液の塊が混ざるタイプです。このタイプでは、ペットシーツに広がった尿の中に、赤いぶつぶつが点在していることで見つけることができます。
これらのタイプは尿を確認することで気づくことができますが、お外の草むらなどで排尿する場合、気付きづらいため注意が必要です。

 

有痛性排尿

有痛性排尿は、排尿時に痛みを感じる症状で、排尿姿勢を取ってもすぐに立ち上がったり、そしてまたすぐに座り込んだりというのを繰り返す行動、あるいは排尿時に痛がるような鳴き声を出すようになります。

 

有痛性排尿では、頻尿症状を伴う場合と、逆に痛みのせいで排尿を我慢してしまう場合があります。

 

また、しきりに陰部を舐める仕草をすることもあります。

 

 

これらの症状が見られた場合には、膀胱炎が強く疑われます。

 

さらには、腎臓や尿管、尿道など膀胱以外の泌尿器系臓器の病気の可能性もあります。

 

また、病気の中には緊急的な処置が必要となるものもありますので、膀胱炎かな?と思った時は、なるべく早く動物病院を受診するようにしましょう。

 

その際、診察においては「尿検査」が必須になります。受診の際、ご自宅で尿を取ることができれば、診察の際にとても役立ちますので、普段から採尿の準備をしておくと良いでしょう。

 

採尿に必要な器具や採尿方法などは、かかりつけの動物病院それぞれでノウハウがありますので、直接相談されると良いでしょう。

 

 

膀胱炎の治療と問題点

膀胱炎の原因の多くは、細菌感染と膀胱結石です。

 

他にも膀胱がんや特発性のものもあります。

 

細菌感染による膀胱炎では、感染している原因菌に対して効果のある抗生物質を投与します。

 

多くの細菌性膀胱炎はこの抗生物質によって、数日で症状が改善しますので、非常に有効性の高い治療方法なのですが、完治させるためには、数週間から数ヶ月間の投与が必要になります。

 

しかし、飼い主様の中には、症状が改善した時点で投薬を止めてしまう方もいて、その場合は再発のリスクが高く、治療における大きな問題点となっています。
また、犬の中にはきちんと抗生物質の治療を行っても、再発してしまう子もいて、その管理に四苦八苦してしまうこともあります。

 

膀胱結石では、大きく分けて「シュウ酸カルシウム結石」と「リン酸アンモニウムマグネシウム結石(ストラバイト結石)」があります。

 

いずれの結石も明らかな大きさのものは外科手術による摘出が必要です。

 

しかし、ストラバイト結石は、食事療法を実施することで溶かすこともできますので、手術のリスクが高い犬の場合には、食事療法のみで治療することもあります。

 

また、これらの結石は、細菌感染と食事中のミネラルバランスの異常が、大きなリスクと考えられていますが、さらには、同じような生活をして同じ食事を摂っていても、結石ができる犬とできない犬がいますので、犬自身の体質によるものも大きく関係していると考えられています。

 

ですので、一度結石を発症した犬では、再発予防のために、生涯にわたって結石予防の療法食のみを食べることが推奨されています。

 

しかし、基本的には療法食とお水以外のものを一切与えることができなくなるため、飼い主様にとって大きなストレスになることがあります。

 

あるいは、アレルギーを持っている犬など、療法食が合わない犬もいますし、また、療法食の中には脂肪分が多く、脂質代謝異常を引き起こすリスクになる可能性もあり、膀胱結石の予防にもやはり問題点は存在しています。

 

さらに、犬の中には、ストラバイト結石用の療法食を食べると、シュウ酸カルシウム結石ができてしまったり、逆にシュウ酸カルシウム結石用の療法食を食べると、ストラバイト結石ができてしまうケースもあり、食事管理が難しい犬もいます。

 

このように、膀胱炎の治療は、短期的にはかなりしっかりとした治療を行うことができるのですが、体質的に膀胱炎を起こしやすい犬での長期的な管理になると、様々な問題が出てきてしまいます。

 

犬の膀胱炎におけるお水の重要性

ですので、膀胱炎の長期管理では、一つの治療ばかりにこだわるのではなく、生活全般でできる対策を講じていく必要があります。

 

基本的にはお薬や療法食の使い方を守ることはもちろん、例えば、人間と同じように、トイレを我慢すると膀胱炎のリスクが高くなりますので、外でトイレをする犬では、外に連れ出す回数を増やしたり、室内でも同居犬と共用のトイレの場合には、別々のトイレを用意してあげるなどの対策も有効です。

 

中でも、「水分摂取量を増やす」つまりお水をたくさん飲ませてあげることは、膀胱炎の管理において、お薬や療法食と同じくらい重要です。とはいえ、犬に「お水を飲みなさい」と言ってもなかなか飲んでくれません。

 

ですので、お水を飲ませる工夫が必要です。

 

もっとも手軽なのは、フードにお水を混ぜて食べさせてあげることです。

 

そうすることで、明らかに尿の量が増えます。膀胱炎の管理において、尿量を増やしてあげることは膀胱を洗い流す効果がありますので非常に有効です。

 

また、これは私の個人的な経験ですが、水道水よりもミネラルウォーターの方がよく飲んでくれる犬が多いように感じています。

 

ですので、これまで水道水を与えていた場合は、ミネラルウォーターに変えてみることをお勧めします。

 

しかし、ミネラルウォーターを使う場合、いくつか注意が必要です。まずは必ず「軟水」を使ってください。

 

ミネラル豊富な「硬水」の場合、さらに膀胱結石のリスクを高めてしまう危険があるため、避けるようにしましょう。

 

また、ミネラルウォーターは水道水のように塩素が入っていませんので、一般的な置き水にすると、容易に雑菌が繁殖してしまいます。

 

ですので、ミネラルウォーターを使用する場合は、こまめにお水を交換するようにしてください。

 

特に夏場は注意してください。

 

ちなみに、頻繁にお水を取り替える場合には、ペットボトルのミネラルウォーターよりも、ウォーターサーバーのミネラルウォーターの方が、コストパフォーマンスに優れ、最近のものは衛生管理もしっかりしていますので、お勧めです。

 

犬の膀胱炎まとめ

犬の膀胱炎は、原因によっては手術が必要になるケースもある要注意な病気です。

 

ですので、少しでも怪しいなと思ったら、尿検査を含めた診察を受けるようにしましょう。

 

また、膀胱炎の管理は、長期にわたることが多く、定期的なチェックが必要ですし、ご自宅での食事や排泄場所の管理などが非常に重要になります。

 

その中でも「お水」を意識してあげるだけで良い状態を維持できることも多いため、ぜひとも日頃の生活の中でも「お水」の管理をしっかりと取り入れてあげてくださいね。

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top