犬のアレルギー|浄水器が原因の事も!

浄水器が原因のことも?犬のアレルギー

ミニチュア・シュナウザー

動物病院に来院する最も多い犬の病気はご存知でしょうか?

 

動物病院来院理由No.1の「アレルギー」

実は「外耳炎」と「皮膚炎」なのですが、中でも、症状を何度も繰り返してしまう「アレルギー性」の外耳炎と皮膚炎での受診が非常に多いです。

 

アレルギーの治療といえば、大きく分けてステロイド療法などのいわゆる「対症療法」と、アレルギーの原因物質を避ける「アレルゲン回避療法」があります。

 

さらにはアレルギーの原因物質に徐々に慣らしていく「減感作療法」なども行われるようになってきていますが、今でもまだまだ対症療法とアレルゲン回避療法が主流です。

 

基本的にアレルギーは完治が難しい病気で、長期的な治療が必要ですので、副作用の強い対症療法だけでは様々な問題があります。

 

ハウスダストや食事の特定タンパク質(牛肉や卵など、それぞれの犬で異なります)など、炎症を引き起こすタンパク質を避けることで、症状を軽くするアレルゲン回避療法が重要視されています。

 

犬に金属アレルギーはあるのか?

近年の獣医療の発展によって、今では犬もたくさんのアレルギー原因物質を調べることができるようになりました。

 

しかし、そう言ったアレルギーの原因物質を調べ、きちんと避けるようにしていても、なかなか症状が良くならない犬もいます。

 

そういう場合、検査できるアレルギー物質以外にも様々な要因が考えられるのですが、その中の一つに「金属アレルギー」の可能性も指摘されています。

 

実は犬で調べることができるアレルギーの原因物質は、ハウスダストや草木、あるいは肉や魚といった食事タンパクなどに限られています。

 

しかし人間の医療では、金属アレルギーを始め、人工甘味料などの化学物質に対するアレルギー反応があることも知られています。

 

今現在は犬のそういったアレルギーを調べることができないのですが、人間と同様に存在するだろうと考える獣医師もいます。

 

さらには、その「金属アレルギー」は、水道水に含まれる微量な金属にも反応してしまう可能性もあります。

 

お水選びがアレルギーに役立つ

ほとんどのアレルギーの犬は、原因物質が一つだけ、ということはなく、複合的に持っていることがわかっています。

 

ですので、特定のアレルギー対策をするのではなく、総合的にできる対策を講じていく必要があるのです。

 

中でも食事とお水は毎日、必ず摂取するものです。アレルギーの犬の場合、ほとんどの方は食べ物、すなわちドッグフードにはきちんとこだわっていると思います。
しかしお水はどうでしょう?

 

せっかく良いドックフードを使っていても、水道水ではもしかしたら対策は不十分なのかもしれません。

 

人間ではもはや日本の水道水でも浄水器を設置したり、飲料水としてウォーターサーバーを設置することが当たり前のようになってきてきますから、それだけ水道水に対して不安を感じている方がたくさんいらっしゃると言えます。

 

最近では少しずつですが、「犬も飲めるウォーターサーバーはどこですか?」と聞いてこられる飼い主さんも増えて来ているので、それだけ愛情を持って犬に接しているという事は獣医師にとって嬉しい限りです。

 

より安全なお水は

水道水の中の金属成分、それらはなかなか調べることができません。

 

なぜなら浄水場では金属成分が検出されなくても、各家庭へ送る水道管などから金属が溶け出ている可能性もあるからです。

 

しかし、各家庭の水道水を調べられることはまずありません。

 

例えば、私自身の経験なのですが、以前、築年数の古い賃貸住宅で水道水を使い始めた時、赤サビが混ざった水がでてきました。

 

しかし、大家さんや当局に連絡を取っても、「しばらく使っていれば出なくなるよ」ということで取り合ってもらえなかったのです。

 

しかし、逆に考えるとこのように目に見えるレベルで異常がわかれば、まだなんとかなるかもしれません。

 

ところが、ほとんどの水道水は目に見えるレベルで何かが起こることはまずありません。

 

ですので、大切な犬を守るためにはあなた自身が対策を考える必要があるのです。

 

その中でもお水に関しては、なるべくナチュラルなものを選ぶことをお勧めします。

 

>>犬におすすめのウォーターサーバーはこちらをご参照ください

 

-記事作成者:フォロン動物病院 獣医師-

page top